1. ソープランドファン年齢認証
  2. トップページ
  3. みさきのお部屋

  1. ブログ
  2. トリセツ

みさきのお部屋

  • 「3月後半の予定」

    投稿者:みさき
    at 2017/03/16



     
    3月後半の出勤予定が決まりました
    変更があった場合には、blogにてお知らせします
     
    HPの出勤時間は「受付時間」です
    なので~16:30の場合には、16:30~のお部屋が最終受付になります
     
    平日は~16:30、土日祝は~17:00の受付表示ですが
    それぞれ18:00~のお部屋をご希望の際には
    私へmailかお店へ聞いてみてください
     
    mail予約は、前日17:00迄に
     
    前々でしたら、予定を組める場合がありますので
    「出勤予定かどうか」mailで聞いてみてください
     
    直前のお知らせで申し訳ありませんが
    お時間が合いましたら是非お会い出来るのを、心待ちにしています
     
    ので
     

  • 「冬へ逆戻り( ≧△≦)」

    投稿者:みさき
    at 2017/03/15



    昨晩から「寒いなぁ」と思っていて
    夜中にエアコンの設定温度も上げたのですが
     
    今朝TVを見たら、箱根が雪で真っ白になっていて驚きました
    都内も朝方、雨が雪っぽくなって
    「やっぱり東京は3月に雪が降るんだ」と再確認
     
    来週は桜の開花予想日だし、三寒四温の最後の寒さでしょうか
     
     
    昨日からの久しぶり雨が、花粉症を和らげてくれて助かる一方
    下ろしたての革鞄を必死で守りつつ歩いています
     
    ササッと取り出したい小物を入れているサブバッグなのですが
    結局、前と同じものを新調して2代目
     
    初代は学生時代に先輩のお古を頂いて
    何度か修理に出しながら、大切に使い続けてきました
     
    サークルに所属しなかったので、同期以外との交流が少なかったのですが
    東北から出てきて、分からないことだらけの私に
    本当に良くしてくれた憧れの先輩でした
     
    何気なく「お古だけれど、良かったら使う」と、先輩は聞いただろうし
    「ありがとうございます」と私が凄く喜んだ事が意外そうでした
     
    「田舎の高校生が背伸びしている」感じの学生だった私は
    憧れの先輩が使っていた革鞄を持つことで
    ちょっと「東京の学生」に近付けた気がして嬉しかったです
     
    最後はお守りの様な存在だったのですが、くたびれ過ぎたので
    新しく色々と探し回った結果、結局同じもの
     
    ずーっと使い続けてきたので、大きさといい形といい
    これ以上にピッタリな鞄が無かったです
     
    全て革なので、見た目より重いのですが
    これから大事に手入れしながら使っていくと思います
     
     

  • 「断捨離中…」

    投稿者:みさき
    at 2017/03/13



     
    今日も1日です
     
     
    新年度から教室を移動するので、今日は片付けをしていたのですが
    5年半って、こんなにも荷物が増えるのかとビックリするほどの量で
    今日中に終わりませんでした
     
    よく使う物は、ほんの一握りだと分かって、これにも
    良い機会なので「超絶断捨離」と名付けて、バッサバサと捨てています
     
    収納Boxは勝手はいけない…と思いました
     
    新しい教室では、最小限の荷物でスッキリ&シンプルに過ごします
    (きっと…多分……おそらく………出来るハズ)
     
     
     
     
    新しい教室の近くで、手打ち蕎麦屋を発見
    蕎麦が大好きなので、早速Checkしたところ「当たり」でした
     
    ランチに行くことが出来るので、天麩羅蕎麦を注文
    これから何度も通いそうです
     
    女性の「お一人様」が多かったので、居心地が良かったのですが
    多くの人は「お酒」を注文されていて
    私も喉から手が出るほどに欲しかったのですが、我慢しました
     
    ランチに蕎麦屋でお酒…最高
     
    きっと、あっという間に手を出すと思うのですが
    まずは蕎麦焼酎を蕎麦湯で割って「蕎麦づくし」をしてみます

  • 「3.11〜6年経過〜」

    投稿者:みさき
    at 2017/03/11



    東日本大震災から6年が経過しました
     
    去年「もう5年かぁ…」と、5という数字だからか区切り感があったのですが
    あれから6年、あっという間とも思うし、まだ6年しか経ってないとも思います
     
    どちらにしても「一生懸命過ごしてきたんだ」と実感するのは
    震災後半年で今の教室へ赴任した時に
    師匠から「使い物にならなくて話にならない」と烙印を押された私が
    新しい教室の立ち上げを任されるまでになった事です
     
    それだけの時間が流れたんだ…と、しみじみしています
     
     
    この時期、卒業する生徒さんと花束をやり取りするので
    家中に花の香りが溢れかえっています
     
    なるべく長持ちするように
    毎朝、水を交換して水揚げして、日が当たりすぎない場所へ飾ります
     
    大好きな「百合」ばかりリクエストするので
    今年は9割が百合の花束を頂き家中に大好きな香りが漂っています
     
     
    震災後から毎年続けているのが「3.11を百合で弔うこと」
     
    実家も家族も無事だった私は、当事者の方々の気持ちは到底わからないけれど
    子供の頃から遊んでいた場所の景色が変わった事も
    当事者となった友人に、だんだん笑顔が増えてきた事も
     
    全て「復興」へと、一生懸命に過ごしてきた「尊さ」を感じます
     
    震災後4年目までは
    「思い出すのが辛い」「けれど目を背けちゃいけない」という気持ちでしたが
     
    今は「恵みへ感謝する」事と
    「本当に大切な事を再確認」する日へと変わってきました
     
    とっても悲しくて辛くて…変えられない過去の出来事を
    どうにかして少しでも「良いことへのキッカケ」にしないと
    やりきれないというのが本音ですが
     
    忙殺されているうちに、見失いがちな大切な事を
    振り返って、噛み締めて…
     
    より充実した日々を過ごしていける様にしようと思います
     
     
    皆さんの日々も、平和と充実に恵まれて
    「幸せ」を感じられるものでありますように…

  • 「不義理していて申し訳ありませんm (._.)m」

    投稿者:みさき
    at 2017/03/11



    バスに乗っていて外を眺めていたら、沈丁花が満開でした
    あの甘い香りが大好きで「もう春になるなぁ」という目安なのに
    全く気付かなかったのは初めてで、その事にビックリしています
     
    「やっぱり私、余裕がないんだな…」と気付かされました
     
    受け持っている生徒さんの結果発表が全て終わり
    今年度の仕事を片付けつつ、来年度の準備に取り掛かっています
     
    今の教室が古いうえに手狭だという事で
    新しく分校を開設することになったのが昨年末
     
    年末年始を実家で過ごし、年明けに出勤したら
    その立ち上げ部隊に任命されていて
    「寝耳に水とは、こういう事か」なんて思ったのを覚えています
     
    教室のレイアウトから楽器と機材選びを全部任せると言われて
    と師匠に泣きついたら
    「私はもっと忙しいの」「そろそろ、このくらい出来るようになりなさい」と
     
    「あの人、本当はライオンか」と思うほどの崖からの落としっぷりで
    受験戦争に教室開校の準備を同時進行していました
     
    常に考えなくちゃいけない事に追われると
    考えすぎて頭が真っ白になるのは、パンクかパニックですね
     
    「間に合うのだろうか…」と、期日に追われ続けると
    心に重りがズシンと乗っかった様な、重苦しさに襲われて
     
    睡眠=になり、眠ることが大好きになりました
     
     
    こんな生活だったので、歩いていても沈丁花の香りに気付かなかったのですが
    そこまでの生活をしちゃダメだなぁと思いました
     
     
    心身共に余裕がないと、mailも暗くなっちゃいそうで
    ここ最近は不義理が多くて
     
     
    今週で山場を乗り越えて、普段の生活に近づきましたので
    「余裕」を取り戻せそうです
     
    blogも、もう少し…更新頻度を上げられると良いな

ページ先頭へ